meycoのUX&UIデザイン技術メモ

@meycoがUIデザイナー&アーティストとして仕事する上で、役にたった事をひたすらまとめます。ゲームUI強めです。My portfolio site.: http://meycou.com/ & Meyco's thoughts blog:http://blog.meycou.com/

初心者iPhoneアプリ開発者がIDEで詰まった部分まとめ

最近アプリ開発を勉強し始めました。
とは言っても、Xcode4、5は触った事があったのですが、見事に挫折しました・・・
 
そして
「そもそもプログラミング的思考を持ってない・・・」という事に気づき、
Processingで少し遊んだ後、三度目の正直でSwiftが出たタイミングのXcode6で再挑戦です。
 
手始めにカウンターアプリを作ってみました。
 

Global Game Jamや短時間ハッカソンへ向けて、デザイナーが準備すべき7つのこと

f:id:meyco:20150118150727p:plain

来週の2015年1月23日(金)~25日(日)は、一年に一度のイベント、48時間でゲームを作るイベント「Global Game Jam」(通称GGJ)が始まります。
 
GGJは世界64カ国同時開催で行われており、作ったゲームが実際にリリースされたり、評価されて投資が入り、そのままゲームスタジオに成長したりとアメリカンドリーム満載なイベントです。
 
GGJについて

Game Jamは、ゲーム開発を行うハッカソンです。
その中でも、Global Game Jam (以下、GGJ) は、ギネス記録を持つ世界最大のGame Jamです。

全世界にハッカソン会場が設けられており、全世界で同じ日に同じテーマでゲームを開発します。GGJは、2009年の初開催以降年々規模を大きくしており、昨年度は、世界72ヵ国の国と地域で、488のハッカソン会場が設置され、23,198人が参加し、4,290の作品が制作されています。

 
 

 

私は札幌会場で参加します。なんと日本で1、2位を争う参加人数104人です。思いっきり合宿です。
 
今年のチーム分け
GGJ Sapporo 2015 Teams
 
※GGJ札幌会場では、楽しく確実にゲームを作るために、事前アンケートでやる気や能力をヒアリングしてからチーム分けをしてます。
 
 

去年の札幌会場の様子


#ggjsap Global Game Jam Sapporo 2014 まとめ - Togetterまとめ

 
私は今年で3回目ですが、短時間でゲームを作るにあたって必要な事のノウハウが少したまったので、記事に起こそうと思います。
初参加のデザイナー・グラフィッカーさんは参考にしていただければと思っています。
 
今年の私のチームはスマホゲームのようですが、何処のチームに入っても使えるんじゃないかなと思います。

デザイナーとして起業した(い)君へ。成功するためのアドバイスを読んだ。

あけましておめでとうございます。皆様いかがお過ごしでしょうか。
昨年の誕生日だったのですが、その時に本を頂きました。

デザイナーとして起業した(い)君へ。成功するためのアドバイス - Work for Money, Design for Love
David Airey
ビー・エヌ・エヌ新社
売り上げランキング: 12,330

これが、ものすごーーーーーく為になる&面白かったので、少し内容を掻い摘んでご紹介したいと思います。久しぶりに出会った凄い本でした。

続きを読む

非ゲーム業界のデザイナーが、CEDECに参加してきた。

ちょっと前のイベントになりますが、CEDECに参加してきました。

 

CEDECとは?

コンピュータエンターテインメント協会CESA)が主催して、毎年9月頃に開催されている日本最大級のゲーム開発者カンファレンス。

2011年から、これまでのCEDECで使用された講演資料などが、"CEDEC Digital Library" (CEDiL) にて公開されている

 

講演には色々参加したのですが、やはりプログラマ系のセッションが多かったです。

その中で、デザイナーとして私がとても印象に残っているものをプレゼンテーションとしてまとめてみました。 

札幌CEDEC開催決定!

なんと!今年札幌でもCEDECが開催されることになりました。初めての地方都市開催です。これを逃す手はないので、是非是非学生の皆さんは行きましょう!

ゲーム業界じゃなくても、IT業界全般の人に是非行ってほしいと思います。


“札幌CEDEC 2014”が11月21日~22日に開催決定、初の地方開催CEDECが実現【CEDEC 2014】 - ファミ通.com

ここ最近、物欲に乏しくなっていて、進化したのか危機に陥っているのか不安になっている。

あまり調べていないから、欲しいものが無いだけなのかもしれないけど、ほとんど物欲がなくなった。 人に言われて「これあると、クオリティ・オブ・ライフが上がるから便利だよ」と勧められて、いつの間にかamazonヨドバシドットコムからうちに届いてる事が多い。

勧められて最近買った物

いつもヤカンで入れていたけど、導入したら思ったよりも便利だった。

 

 

フィットメーター(ミドリ)
Posted with Amakuri
Nintendo Wii U
 
売上げランキング: 1614

これつけるだけで何か変わるの?と思っていたけど、つけるだけで意外と意識します。 実は、ライジングサン・ロックフェスティバルで初日から落としてしまい「これは一生見つからないな・・」 と凹んでたんですが、ちゃんと戻ってきました。すごいぞ。もっと大事にしよう。

 

 

家の蛍光灯が切れてはいるけど、その時期はあまり自宅にいなかったというか、寝るだけの生活だったので気にならなかった。人が来てから、初めて「ここの蛍光灯おかしいよ」と言われて、その場でヨドバシで注文してもらった。 ちなみに取り付けるのも手伝ってもらいました。

 

アプリケーション

あとは勧められたアプリ関係。UIデザイナーとしてもチェックしておきたいのもあったので、お金に余裕があるかぎりは、高くてもなるべく購入している

iPhone App

日記を書く癖を付けたくて買ったんだけど、そもそも私がiphoneで長文を書くのがすごい嫌い」という事に気づき、今はもう使ってない。 ただ、この質問形式で日記を書くのはすごくいいと思うので、会社での進捗管理システムに応用できないかなと思っているところです。(そういうソリューション案件あるのかわからないけど)

 

Mac App

UIデザインの新しいアプリ。アートボードの仕組みは面白いけど、本当にモックアップ専用だと思ったほうがいいかもしれない。やはりadobe系との連携取れないと仕事として成り立たないので、ちょっとイメージスケッチしてみようかなーと思ったら使う程度かな。今後のバグ修正や各拡張子のエクスポートの進化に期待。

 

1000円とちょっと高いなぁと思ったけど、すごく使いやすい。よく考えたら、書店で日記帳買うのと一緒なんだよなぁ。 やはり、私は「自由になんでも書いていいよ」タイプの日記の方が向いている。書いたり書かなかったりしてはいるけど、今のところ続いている。携帯で写真をあまり撮ったりしないし、思考している時間のほうが長いからかな。 このアプリはよくできてると思う。 あと、一緒に同じアプリで「日記を書く時間だ」って言ってくれる人がいるのも、多分続いてる理由の一つ。 アプリ関係で買ったのはこのくらいだと思う。

 

絵を描くこと

画材関係は、学生の時に貯金をはたいて先行投資で買っていたので、今のところ問題が無い。 カラーインクもGペンとかつけペン系、筆も事たりてるし、インクが古くなったりして必要なときだけ買い足してる状態。 最近はSurfaceで描いてることが多いからあんまり使ってないかも、もっと使おう。

液タブとしてサイズが大きくなったSurface Pro3ほしいなと思ったけど、欲しい機能を乗せると13万〜になってしまう。それであれば、たぶん型落ちや中古のWACOMのCintiqを買ったほうがいいなーと思って、今回は買いませんでした。

もう液晶タブレットも8万で買えちゃうんですね。すごい時代だ。3年はSurface Pro2を使って、3年後に新しい物に乗り換えようと思います。 その時はきっと液晶タブレットの性能も飛躍してるんだろうな。

 

Wacom Cintiq 21UX DTZ-2100D/G0
Posted with Amakuri
 
 
売上げランキング: 47195

本について

本ばっかり相変わらず買っているんだけど、「本はいくらでも買っていい」という自分ルールがあるので、無限に買っています。読み終わった技術書の入門書なら、人にあげちゃったりしています。 いつかブログにまとめて、本の物々交換をしたい。

 

また、本が好きなのを公言しているからか、人から本をもらうことが多くてすごく嬉しいです。 そして慢性的な本棚不足に陥っています・・・・。 今はSF小説と星海新書がほしい(クライアント関係なく、めっちゃ本が面白いので欲しい。) 好きな小説は、無限に読み返す人なので、そろそろ新しいものや、続き物が読みたい。

今好きな本は

 

これらの本を、ずっと繰り返し読んでる。

 

ここまで書いたように、今は人に薦められて物買うことが多い。でも、自分では欲しいと思わない。気が狂ったように服を買いあさった時期があったりしたけど、あれは「買いたいという欲求」というか「買わなければならない」という脅迫概念の方が近い。

美しく着飾っていないと、捨てられてしまうのでは、相手にされないのではという気持ちの方がすごく強かった時期があり、体重もかなり落ちてた。

今は、外見はどうでもいいとは思ってないけど、どちらかと言うと自分なりに落ち着いたとは思う。

 

ノマドをしなくなった

外でノマドもあまりしなくなった。というか、気分的に「必要が無くなった」「業務的にも難しくなった」と言ったほうが正しい。

フリーランスの時は、かなり外で仕事したいと思う事が多かった。多分「刺激」が欲しいとか「寂しかった」のだと思う。 一時期、実家に戻って仕事をしていた時期があるけど、あの時もとにかく「外に出たかった」「刺激が欲しかった」 という欲求が強かった。

今では理由はわかる。

 


半年間在宅勤務をしました

こちらのブログでも書かれているけど、家族との会話は、思ったより刺激にはならないのだ。

寂しさを紛らわすためにカフェの音を流すサイトがあるけど、


Coffitivity

 

はっきり言って、人間の根本的な寂しさは、これでは解消できない。

もちろん、実家にいた時は家族とコミュニケーションを久しぶりにとれたのは楽しかった。庭にチューリップの球根を植えようとして、タイムカプセルが出てきたりしたのは楽しかった。


家の庭から10年前のタイムカプセルが出てきた | Meyco's thoughts

 

 

新しいガジェットに興味が無くなった

新しいiPhoneやAppleWatch、Kindle Voyage、NEW Nintendo 3DSなど、新しいガジェットが毎月出ている。 以前の私だったら、飛びついた情報だったと思う。

もちろん、今でも新しい情報は好きだ。ワクワクする。

 

でも、今は本当に、何も欲しくないのだ。欲しいものが全く思いつかない。 とはいいつつ、Kindleは誰かのお下がりを狙ってはいる(笑)

 

外に出て、毎日豪華に飲み歩きたいとも思わないし、美味しいカフェで毎日お茶をしたいとも思わない。 (もちろん時々はしたい。でも、時々でいい。)

 

スタバで、仕事をしたいとも思わない。騒がしすぎて、私は全く集中が出来なかった。 ただひたすら、静かに自分と向き合っていたいだけだから、性に合わないのだと思う。

あと、すごい甘い(笑)

 

一時期、美味しい物を食べようと思って、美味しいワインのお店を転々と飲み歩いた時期がある。 美味しい。お酒はたしかに美味しい。舌は肥えた。美味しいワインってこういうものなんだ。こういう場所には、こういう人材が集まるんだ。と色々覚えた。

それなりに、色々なことも教えてもらったと思う。

 

ただ、やっぱり豪華な食事も、一人で食べると味気ないということを覚えた。美味しいんだけど、なんか違う。

 

家でニラ玉のお味噌汁と、ご飯と、秋刀魚とほうれん草のお浸しを近しい人と食べたほうが「楽しい」と思う。

家庭料理が食べたい人は、メイコさんが料理するので材料だけ用意して呼んでください。

 

どんな事にも、人には向き不向きがあって、それが「安く楽しめる」のか「高く楽しめる」のかは全く関係ない問題なんだと思った。ここに気づくのが、すごく長かった。

 

お金さえあればなんでも出来て、毎日おいしい物が食べることができて、運動もできて、好きな事もできると思ってたけど、そんなことなかった。と、思う。

 

稼ぐことにフォーカスを置いていたけど、優先順位をそろそろ変えたい。

 

仕事の結果だけが、私の存在意義の証明だと思っていたけど、どうやらそれだけが人生ではないようだった。

国外向け案件で役に立ったコト、気づいた事まとめ。

前提

  • クライアントが国外にいること(中国、シンガポール、アメリカなど)
  • 人種や思考バラバラで、「あたりまえ」が無い。

以上の状態で、開発で役に立ったコトや、気づいた事をまとめます。

 

続きを読む

小樽商大で【QRコードアーティストの自立戦略 ~ UX/UIデザインワークショップ】を行いました。

TEDxKGの発表を見てくれた小樽商科大 学の木村先生にご招待を頂き
小樽商大で【QRコードアーティストの自立戦略 ~ UX/UIデザインワークショップ】 というQRコードアーティストとしての自己ブランディングの方法と、実際にUXデザイナーとしてどのように物事を解決に導くのかという【考え方】のワークショップを行いました。

 

f:id:meyco:20140306105455j:plainf:id:meyco:20140307212323j:plain

小樽に行くのは久しぶりです! 海を見ると実家のあるオホーツクを思い出します。

続きを読む